Shimada-blog

マイナス金利のちから!?

マイナス金利、マイナス金利と世間では騒がれていますが、
実際なにかかわったのでしょうか。

不動産に関して言えば、かなり変わっています!!

4月に入り、住宅ローン金利がガンガン下がりました。
住宅に引き連れて、不動産投資用ローンも借入金利が下がってきたのです。

すると年明け売れ行き不調だったグランエッグスシリーズが
みるみるうちに売却となっていったのです。
そのほとんどが、節税対策ではなく投資目的!
現在、決して不動産投資用商品の利回りは高くはありません。
ただ、借入金利が非常に安いのです。
また、他の融資条件についても緩和されています。
木造アパートは今まで22年間しか借入できなかったものが、最長30年。
3割の自己資金必要だった方が、1割の自己資金でも借り入れ可能。
これにより、物件の利回りは低くてもキャッシュフローが出てきます。

このマイナス金利の影響は、新規借り入れだけではありません。
借り換えに関してどの銀行も寛大で、好条件を提示してくれます。

私も先日住宅ローンを借入先の銀行に相談しました。
経費もかかるので借り換える気はあまりなかったのですが、
「他の銀行さんがいい条件を提示してくれるので…」と。
担当者はすぐさま融資条件の変更が可能かどうかの確認を取るとのこと。
1週間後に連絡が来て、ちゃんと金利下がりました。

このタイミングで銀行に相談してみることに損はないです!
オーナー様の各担当者にご連絡を頂ければ、借り換え先の銀行を紹介致します。
みなさまもこの機会に、借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。
image

コメントは停止中です。